入れ歯が痛い・合わない:入れ歯・義歯治療/熊本市上通りの歯医者:奥村歯科医院

歯科治療メニュー

入歯が痛い・入歯が合わない入れ歯・義歯治療

入れ歯が合わない・痛くて咬めないなど、お悩みはありませんか?

歯がなくなった時の対処法として入れ歯があります。
義手や義足と同じで失くなった器官の回復を担うものですので、しっかりと考えて作られるべきものですし、作った後のメンテナンスも大事な要素になります。

当院では、患者様お一人おひとりに合った入れ歯をご提供できるよう、事前にカウンセリングを綿密におこないます。

入歯の種類

総入れ歯

すべての歯を人工物で置き換えたものなので咬み合わせの精度や入れ歯の床(歯茎の部分)の形は歯医者や技工士にすべてを委ねることになります。
上下の入れ歯どうしがしっかり咬んでいても、ご自身の正しい顎の位置とずれている入れ歯などもよく見かけます。
しっかりとした診査・診断をしないで作ると患者様ご自身が不利益を被ってしまいます。

部分入れ歯

歯が残っている状態だと、歯にバネをかけるなどの負担を求める入れ歯となります。

こちらも診査・診断が大事なのですが、設計を間違えると負担をしている歯をダメにしてします可能性が非常に高くなります。
残っている歯の虫歯や歯周病は大丈夫なのか?
バネをかけても大丈夫な歯なのか?
残っている歯の配置はどのくらいのリスクをはらんでいるのか?
あとで歯がダメになったら作り直さなければいけない設計になってはいないか?実は考える事はいっぱいあります。
適当に作るとそれなりの結果が返ってくるものです。

マグネット義歯

部分入歯ではバネを使いますが、そのバネの代わりに、小型磁石を使用するのがマグネット義歯です。
歯根に、磁石金属を取り付け、入歯には「小型磁石」を埋め込み、磁石の力で入れ歯がピッタリ吸着するため、部分入歯よりも不快感がありません。
また、わずらわしいバネや装着時の難しさがない分、装着や取り外しが簡単でです。
さらに、磁石の力でピッタリ吸着しているので、入歯が落ちたり、口の中でガタガタと動くことがありませんし、入歯の外側から見えるバネ等がないので、見た目もスッキリと自然な仕上がりになります。

インプラントを活用した入れ歯 (インプラント義歯)

インプラントで全部の歯を作るとお金がかかる・・・、でも入れ歯を作ったけど全然安定しない
そういった悩みを抱えてらっしゃる方は多くいらっしゃいます。
実はそういった状況に対して少数のインプラントを入れて支えにする事で劇的に改善するケースも多々あります。
当院ではインプラントの本数を最小限にして最大限の効果を得る方法を常に考えて設計をしていますので、入れ歯でお困りの方は是非ご相談いただきたく思います。

インプラント治療はこちら →

インプラントとインプラント義歯の比較

その他の治療メニュー